『いざ!』という時のために、ライフライン確保 Part1

熊本地震から早いもので4年が過ぎようとしています。


昨年俵山トンネルルートが全線開通し、

阿蘇方面へアクセスがしやすくなりました🚗


災害公営住宅の建設もほぼ終わり、

着々と復興しつつあると実感しております。


ところで、皆さまのお住まいで地震の際に

一番最初に復旧したライフラインは何でしたか?


最も復旧が早かったのは電気で、4~5日程度です!

次に復旧したのは水道で、1週間ほどです💧

最後に復旧したのはガスで、最長2週間でした🔥


地上に電線がある電気とは違い、

地下を通すことが多い都市ガスは破損個所の特定が難しく、

目視で漏れの確認もできません。

可燃性の為、安全が確認されないと供給が再開されません😓


ガスが復旧するまでの間、困るのがお風呂です🛀

小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、

公共の浴場に行くのも大変だったのではないでしょうか💦


『いざ!』という時のために安心できるライフラインを

確保しませんか?


こちらは『いざ!』という時頼りになるエコキュートです!

以前こちらのブログでもご紹介しました(^-^)/



エコキュートはヒートポンプ技術で

空気の熱を使いお湯を沸かす電気給湯器です!


安い夜間電力で夜のうちにタンクにお湯をためておき、

日中それを利用します。


通常のガス給湯器と比べるとランニングコストは

約3分の1というデータもあります💰


なぜ、『いざ!』という時に頼りになるのかと言うと

電気の復旧が比較的早いことに加え、


断水時にタンク内に貯まっている水を

使うことができるからです(*´∀`人 ♪

※タンク内に貯まっている水なので飲用にはおススメしません💦

 生活用水としてご使用ください。


備えあれば憂いなし!

次回はエコキュートの仕組みと

メリットデメリットをご紹介します(^-^)/




㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka

関連記事

すべて表示

096-200-5068