もしも床上浸水被害にあってしまったら...

この度の大雨の影響により被害を受けられた皆様に、

心よりお見舞いを申し上げます。


例年であれば梅雨明けは7月15日前後となっておりますが、

今年は早い梅雨明けが持ち望まれるものです(´・_・`)


熊本では6月から9月にかけて年間の約6割の雨が降ります☔


熊本では土木の神様よ呼ばれた清正公の時代から治水・が進み、

400年経った現在でも利用されているものもあります。


しかしながら、清正公でも想定外な大雨が降る昨今…

もし、自宅が浸水被害に遭ってしまったら…


今回は、床上浸水してしまった場合の対応をご紹介します(^-^)/



自宅が床上浸水したときの対応

①確認

 ・ガス漏れがないか→ガス会社に連絡

 ・安全確認されるまでブレーカーは上げない→各電力会社

 ・プロパンガス、車のバッテリー等危険物が流れ着いていないか

  →消防や市町村に相談

 ・カビが発生している恐れがあるのでまずは30分換気

 ・子どもやペットは家に入らない


まずは、浸水被害の状況を写真に残しましょう📷

罹災証明に必要となります。

全壊 家が流されたまたは床上1.8m以上の浸水

大規模半壊 床上1m~1.8mの浸水

半壊 床上1m未満の浸水


安全確認ができたら清掃しましょう!

②清掃

 ・十分に室内を乾燥させる→窓を開け扇風機等で風を送る

 ・マスクをし、厚手のゴム手袋と長靴を着用

 ・床、壁、金属部、シンク等は洗剤で洗う

 ・家電、家具等、浸水で洗うことのできないものは撤去

 ・衣類は熱湯(80℃)に10分つける

 ・作業後はしっかり手洗いとシャワー

 ・清掃時に着ていた服は一緒に洗わない

 ・断熱材が浸水していたら取り替える(カビの原因)

【あると便利なもの】

  ・水切り ・土嚢袋 ・スコップ ・ちりとり ・ヘッドライト


清掃が済んだら消毒しましょう!

③消毒

 ・十分清掃した後に行う

 ・食品を扱ったり、子どもが触る場所は入念に

 【消毒液】

  ・次亜塩素酸ナトリウム(0.1%希釈 2Lにキャップ一杯が目安)

   家具などの消毒に使用できます。

   事前に目立たないところで、色落ちや変色しないか確認。

   布に浸して拭き、その後水ぶき

  ・アルコール(70%以上)


⚠️浸水後の家屋はカビが生えやすいので注意してください

⚠️汚泥には雑菌やカビが繁殖しているので直接触らない



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka


関連記事

すべて表示

(株)総合内装業 TANAKA

〒861-5514
熊本市北区飛田2丁目10-95

TEL : 096-200-5068  FAX : 096-200-5092

096-200-5068