top of page

キッチン扉を補修

2月も中盤に入り、そろそろ本格的な引っ越しシーズンとなって参りました。


お子様の小学校への就学を前に家を購入される方も多いようですね。

小さなお子様のいる若い世帯の場合、新築を購入されるご家庭が多いようですが、最近では立地の良さや購入資金を優先して中古住宅を選択されるご家庭も増えてきています。


中古住宅の場合、築20年以上の物件だと壁紙や住宅設備をフルリフォームされている物件が多いですが、築年数が浅い物件だとキッチンなどの水回りの設備は交換されていない物件も多くあります。


故障や破損がなければ清掃して十分使えるのですが、キッチンの扉部分の汚れや洗面台の扉部分の水濡れ跡がなんとなく気になります。


たとえば、食器洗い中に水が垂れてしまったり、調味料や油をこぼしてしまったり…

キッチンの扉はお家のなかでも汚れやすい場所の一つです。


とはいえ、キッチンや洗面台を交換するとなると住宅購入に掛かる資金は高くなってしまいます。


そんな方におススメなのが、扉の建築用化粧シートでの補修です♪


リアテックシート

リアテックシートとは、不燃仕上げを求められる壁⾯や⾦属下地部分のほか、柱やドアにも使⽤できる粘着剤付化粧フィルムシート。豊富なデザインや機能性で、オフィスやホテルをはじめ、商業施設から住宅まで、幅広いシーンで使⽤できます。


こういった化粧シートを使用して、既存の住宅設備や建具を補修することができます。


BEFORE



AFTER


耐水性のある木目調の化粧シートを貼り補修しました。

質感もリアルで、違和感を感じない仕上がりです。



こんな方におススメです

◎キッチンの扉や洗面台の扉の汚れや傷みが気になる。

◎カウンターに鍋を置いて焦がしてしまった。

◎建具の雰囲気を変えたいが交換まではしたくない。

◎建具に穴をあけてしまった。

◎造作家具の劣化が気になる、または色味を変えたい。

◎窓廻りの日焼けによる劣化が気になる。



床や壁紙を張替える以外にも内装をリフォームはできますよ(^^)/



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら


過去ブログ、施工実績はこちら


Instagramはこちら


Twitterはこちら


関連記事

すべて表示

Comments


096-200-5068

bottom of page