冬までにしたい!浴室リフォーム 解体編

8月も終盤になりました🍉

今年も厳しい残暑はまだまだ続くようです(*_*;


暑いと冬の寒さが恋しいものですが、

毎年冬のお風呂は億劫なものです💦


冬場のお風呂と言えば…

◎とにかく浴室が寒い

◎床が冷たい

◎湯舟が冷えるのが早い

◎お風呂掃除が億劫

◎ヒートショックが心配

など、入るのが面倒という方も多いのではないでしょうか?


暖かい今のうちにリフォームをして、

寒い冬の浴室を快適に過ごしませんか(´艸`*)?


それでは今回は浴室リフォームの現場からお届けです♪


こちらのタイル張り&ステンレス浴槽の浴室をリフォームしていきます♪


壁面・床面ともにタイルで、冬場は寒そうですね❄


昔ながらのステンレス浴槽です。

ステンレスは熱伝導率が低いので、お湯を入れてもフチの部分は暖まりづらいです。


入口には8㎝程の段差があります。


壁面のタイルにはヒビが入り、欠けています。


今回はコチラの浴室をリフォームしていきますよ!


早速浴室を解体していきます。


天井裏があらわになりました。


浴槽をはずし、床のタイルを剥がしました。


土間部分はコンクリートで固め、新しい給排水管を設置していきます。


熱が逃げやすい開口部は半分の大きさにしていきます。


今回は解体までをご紹介しました!

次回はいよいよ組立編ですよ(^_^)/こうご期待です♪



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka


096-200-5068