古民家リフォーム

『古民家』と聞いて、皆さまはどのような家を

想像されますか?


かやぶき屋根で、大きな梁があって、とにかく古い家

という印象でしょうか


古民家の定義としては

「昭和25年の建築基準法制定時に既に建てられていた伝統的建造物の住宅」

なのだそうです。


重厚感があり、ノスタルジックな気分に浸ることができる

古民家に憧れる方も多いようですが…

実際に住んでみると、

 古い!

 寒い!

 使いづらい!

 手入れが大変!

なのだそうです(*´∀`A;


とは言え、古民家で使われているような立派な木材は

今ではまず手に入らないそうです💦


また、古民家には土地の風土に合わせて、様々な工夫がなされています。


今回はそんな古民家の現場からお届けです!


古民家の良さを残しつつ、現代の暮らしに合わせた

使い勝手の良い住まいにリフォームしていきますよ(^-^)/



Before


After


Before 


After


Before


After


Before 


After


立派な梁や柱はそのままに、 壁をクロスの壁にしたり、傷んだ床をウッドタイルにしたりと、 お手入れしやすくリフォームしました✨ 真っ白なクロスで、室内の印象も明るくなりましたよ(*´∀`人 ♪


㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け! 弊社ホームページはこちら →https://www.naiso-tanaka.com/ 過去ブログ、施工実績はこちら →https://www.naiso-tanaka.com/tanaka Instagramはこちら →Instagram Twitterはこちら →@naiso_tanaka


関連記事

すべて表示

(株)総合内装業 TANAKA

〒861-5514
熊本市北区飛田2丁目10-95

TEL : 096-200-5068  FAX : 096-200-5092

096-200-5068