室内で愛犬が安心して過ごせるように 

室中で犬を飼っているご家庭では、犬が安心して暮せるように様々な配慮をされていらっしゃると伺います。

室内を快適な温度に保ったり、口にすると危ないもの隠したり。


中でも特に気を配っていただきたいのが『床』です。

室内で犬が滑って転んでしまうというご相談をよくお伺いします。


犬にとってフローリングは滑りやすく、骨折股関節脱臼など、健康上の問題を引き起こすことがあります。

また、日常での歩行でも滑らないようにバランスを取ろうとすることで、無意識のうちに姿勢が崩れてしまい、足腰に負担をかけることにもなります。


大切な家族ですから、安心して暮らせるように環境を整えてあげたいものですね!



今回は新しく迎えられたワンちゃんのために、滑りづらい床にしたいとのご依頼をいただきました。

Before



築年数も浅く、キレイな白いフローリングですが、ワンちゃんがフローリングで脚を滑らせてしまうとのことで、当社にリフォームのご依頼をいただきました。


滑りづらく耐久性があり、お手入れがしやすい床材をお探しとのことで、こちらのノンスキッドの床材をお選びいただきました。

ノンスキッドとはマンションなどの廊下や共用部分への使用を目的とし、防滑性が求められるシーンでご利用いただける防滑性ビニル床シートです。


既存の床に糊で上張りしていきます。


コーナー部分は特に丁寧に糊付けしていきます。


ずれたりしないように圧着していきます。


シートの継ぎ目から浸水しないよう、ジョイント部分を溶接棒で溶接していきます。

600℃近い温度で溶接棒を温めて溶接していきます。


余分な溶接棒を削っていきます。


巾木は新しいものにお取替えしました。


それでは仕上がりをご覧ください!


After

既存の白い壁紙と相性の良いグレーのノンスキッドで、シックで洗練されたおしゃれな空間に仕上がりました。

白と黒のバランスが難しいモノトーンインテリアですが、オーナー様のセンスが光る仕上がりとなりました。


冷蔵庫や家具なども移動させて下まで引き込んでおります。


床下収納も付近はこんな感じに仕上がっております。



今回は床専門の職人さんに施工していただきました。住宅はお客様の財産ですので特に丁寧に施工されたそうです。隅々までキレイな仕上がりです!



◎●◎ オーナー様の施工後のご感想 ◎●◎

Q1.今回リフォームを考えられたきっかけを教えて下さい

A1.ペットの脚が滑ってしまい、フローリングだと危ないし、

  脚腰に悪いと思いました。

  粗相をした時にシミや汚れが気になることもありました。


Q2.こちらの床材をお選びいただいたポイントは何ですか?

A2.滑らず、しみ込まない素材で、掃除がしやすいものを選びました。


Q3.リフォームをしてみた感想をお聞かせ下さい A3.雰囲気ががらりと変わった。丁寧に施工してもらえた。滑らなくなりました。


Q4.TANAKAの対応はいかがでしたか?

A4.営業マンが最後まで頑張ってくれました。

  床専門の職人がしてくれたことが技術力がありよかった。


この度は当社に施工をご依頼いただき誠にありがとうございました!


ワンちゃんも安心してお過ごしいただける空間になったことと思います。



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka


関連記事

すべて表示

096-200-5068