年末の大規模リフォーム part4

寒の入りとともに、

寒さが一段と厳しく感じられるこの頃ですが、

いかがお過ごしでしょうか。


寒い日の続く中、

外出をすると体が芯から冷えてしまいますね( ノД`)


暖房をつけてもすぐには暖まらず、

肩を震わせていることも.....


しかし、お風呂に入ってしまうと

芯から冷えきってしまった体も暖まり

とても気持ちよく感じられます(* ´ ▽ ` *)


今回は、そんな冷え切った体を温める

お風呂のリフォームの様子をお届けします


それでは、早速施工前の様子を見ていきましょう!



B e f o r e



既存のお風呂は、

タイル調のユニットバスとなっており、

少し寒さを感じてしまいます。


お風呂場が寒くなっておりますと、

ヒートショックの原因にもなってします


こちらのユニットバスを

新しいシステムバスへと交換するため

解体を行っていきます!


C o n s t r u c t i o n


まず初めに、

お風呂場の入口の建具を撤去し

天井を解体します。


その後、

壁の撤去を進めていきます。


1面を取り外している最中だと↓の様子になります!


このように、1枚1枚取り外せるようになっており、

取り付けの際も、現場で1枚ずつ取り付けができるように

設計されております。


壁を取り外してしまうと↓の様になります!



浴槽を取り外すとこのようになっています。


すべて解体をしてしまうと

次は新しいお風呂に合わせた仕様にするための

設備工事などを行い

新しいお風呂を取り付けていきます。


取り付けが完了するとこちらになります!


A f t e r




新しいシステムバスは、

ピンク色のアクセントカラーの入った

とてもきれいなお風呂へとなりました(´ω`人)


システムバスには、

断熱材が使われているため、

長い間入っている最中「浴室が寒い!」

なんてことはなくなります!


また、最後の写真には、

板のようなものがかけられておりますが

こちらは浴槽のふたがかかっており

一見重そうには見えますが、

実は女性でも簡単にもてるくらい

軽いものとなっております(;゜0゜)


今回のシステムバスは、

TOTOのリモデルバスルームを取り付け

洗い場の床はほっカラリ床というものが

使われております。


ほっカラリ床は、断熱クッション層があり

温かい上に柔らかいため膝をついても

痛くありません!


システムバスには、

色々な便利な仕様があり

快適な入浴タイムを楽しむことが出来ます。


お風呂が長い間使いたいや

もっと快適に入浴を楽しみたい等

考えている方は、

是非お風呂のリフォームを

ご検討されてはいかがでしょうか!



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka

関連記事

すべて表示

096-200-5068