敷居を踏んではいけません

子どものころに言われたことはないでしょうか?


『 敷居をまたぐ 』

『 敷居が高い 』

などと言うように、『 敷居 』 は日本家屋の中でも

大切な部材とされてきました。


なぜ、踏んだらいけないのでしょうか?


理由はいろいろあるようです


理由① 敷居は部屋と部屋の境界だから

理由② 敷居はその家や家人の象徴とされているため

理由③ 敷居に躓いて転んでしまうのを避けるため

理由④ 踏むことで敷居が傷んでしまうため

理由⑤ 敷居の間から命を狙われることがあったため


③と④は合理的な理由ですが、

⑤の命を狙われるのはビックリですね💦


昔は床下に刺客が潜り込んでいて、

畳と敷居の隙間から刀で刺されることが

あったそうです(゚△゚;ノ)ノ


現代では刀で刺されることはないですよね💦


敷居は立派な家であるほど

高級でデリケートな素材を使っているようなので

踏まないように心がけたいものですね✨


本日は、そんな敷居部分の補修風景をお届けします(^-^)/


Before

洋室と廊下の境にある敷居です。


After

前回もご紹介した建築用の化粧シートで

美しい木目に生まれ変わりました✨


敷居は一説には 『 鴫居(しぎい) 』 と呼ばれ、

『 鴨居(かもい) 』 と対になっていると言われています。

鴨も鴫も水鳥なので、水にちなんで

防火の願いが込められているそうですよ



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka

関連記事

すべて表示

(株)総合内装業 TANAKA

〒861-5514
熊本市北区飛田2丁目10-95

TEL : 096-200-5068  FAX : 096-200-5092

096-200-5068