トイレの床材選び

今年のゴールデンウィークは皆さまどのようにお過ごしでしょうか?


今年はまん延防止等の制限がなく、まとまった休みを取りやすかったこともあり、久々に親族が集まったというご家庭も多いのではないでしょうか(^^♪


普段より来客が多いと、使用頻度が増えるのがトイレです🚽

いつもよりお掃除の回数も増えてしまいます💦


便器本体はもちろん、汚れやすいのはトイレの床です。

尿の飛び跳ねなんかでけっこう汚れてしまい、

トイレのニオイの原因は床の汚れだったというケースも多いです。


また、床の印象でトイレの雰囲気もガラリと変わります。


トイレの床材選びのポイント

●掃除がしやすい

●水や洗剤に強い

●フラットで汚れにくく継ぎ目がない

●消臭効果

●耐久性がある

●壁紙との相性

↑床材選びのポイントとしては、

防水性・防汚性・耐久性といったところでしょうか



今回は、トイレの床材をガラリと変えていきますよ!


BEFORE

廊下と同じ木質フローリングの床材は、居室との統一感がある一方、耐水性がないので水回りでは劣化しやすい傾向があります。


CONSTRUCTION

便器をはずすと、便器周りや排水口周りに腐食が見られます。


AFTER

今回は、小便器を撤去することもあり、床をクッションフロアシートに貼り替えました!

防水性があり、フラットで汚れにくく、耐久性もあります。

また、デザインも豊富なので、壁紙と相性の良いものをお選びいただけます✨



高級感がある木質フローリングの床材も良いですが、

お手入れのしやすさならクッションフロアシートの床材がおすすめですよ(^^♪



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka

関連記事

すべて表示

096-200-5068