top of page

寒いお風呂対策のあれこれ

今年も残すところ1ヶ月となって参りました。

例年に比べると暖かい日が続いているように感じておりますが、予報によるとやはり12月からは本格的に寒くなるようです。


寒くなると億劫になるのがお風呂に入ることですね。

私の実家のお風呂はいまだにタイル張り&ステンレス浴槽なので、冬場は極力実家のお風呂のお世話にならないようにしております💦


とはいえ、両親は毎日使うお風呂ですから、お風呂でヒートショックになってしまわないかと心配なところではあります。


というわけで、今回は寒いお風呂への対策をいくつかご紹介していきますよ!


寒いお風呂への対策①

床に断熱素材の浴室シートを貼る

湯舟までの数歩、冷たいタイルに素足を下すのは勇気がいりますね。

また、冷たい洗い場で身体を洗ううちに、折角温まった身体がだんだん足元から冷えてきてしまいます。


そこでおススメなのが、リフォーム浴室シート【オフロア】です!

BEFORE

AFTER

既存の床に上からでも貼れるこちらの浴室シートは、空気を含んだ発砲層による断熱効果で、素足で踏んでもヒヤッとしません。

また、滑りにくく適度なクッション性があり、万が一転んでも衝撃を和らげてくれます。



寒いお風呂への対策②

浴室換気乾燥暖房機の設置

湯舟にお湯をはっても、なかなか浴室全体の温度は上がらないですよね。

浴室全体を温めるなら、浴室換気乾燥暖房機がおススメです!

浴室の換気・乾燥はもちろん、温風で浴室自体を温めることができます。

また、冬場の乾きづらい洗濯物を乾かすことにもお使いいただけます。


こちらは天井に設置するタイプです。

入浴前から温風を出しておくことで、浴室を温めておくことができます。



寒いお風呂への対策③

ユニットバスへのリフォーム

床を断熱素材にしたり、浴室換気乾燥暖房機で温めても、やっぱり冷えきったタイルはなかなか温まりません💦

浴室自体を効率よく温めるなら、やはりユニットバスへのリフォームが一番満足度が高いといえます。


BEFORE

AFTER

壁や床の保温性が高まるので、浴槽内のお湯も冷えにくいのでガスや水道代の節約にもなります。

最近の浴槽は人間工学に基づいた形状になっており、負担の少ない安定した姿勢で入浴ができるそうです。

また、お手入れのしやすさは格段にUPしますので、毎日のお手入れはもちろん、大掃除の手間も省けます◎



これから寒い冬がやってきます。

浴室の寒さ対策をして、暖かい冬を迎えましょう!

どうぞお身体ご自愛ください。



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka



関連記事

すべて表示

096-200-5068

bottom of page