対面キッチンVS壁付けキッチン 前編

小学生の息子の長い夏休みが終わり、ホッと胸をなでおろしております☀


夏休み中は毎日の食事の準備はもちろん、暑い日には『喉が渇いた』と飲みものをもらいにくる回数も多く、キッチンに立っていると普段より忙しかったように思います。


お盆期間中は来客も多く、台所仕事で大忙しだったというご家庭も多かったのではないでしょうか。

とにかく、夏場のキッチンは 暑い!です。


うちは対面式のキッチンなのですが、コンロ使用中は熱が籠り暑いです💦

また、エアコンの冷風もなかなか届きません。


こんな時、壁付けキッチンだったらよかったと憧れます✨


家を建てられた方、または、これから建てるという方、キッチンを対面にするか壁付けにするか迷いませんでしたか?


対面キッチンのメリット・デメリット

メリット

・キッチンからお部屋が見渡せる

・料理しながら子どもの様子が見える

・室内からキッチンが見えない

・作業導線が効率的


デメリット

・キッチンのスペースを取る

・キッチンへの出入りが不便


壁付けキッチンのメリット・デメリット

メリット

・リビングと一体感がありスペースを広くとれる

・配膳距離が短く楽

・料理に集中できる


デメリット

・リビングからキッチンが丸見え

・収納場所に工夫が必要

・料理中は家族に背を向けることになる


対面キッチン・壁付けキッチンそれぞれにメリット・デメリットがあるのですが、実際に使う方のご意見が一番かと思います。



というわけで、

今回は、対面キッチンから壁付けキッチンへのリフォームの現場からお届けいたします(^^)/

こちらの対面キッチンですが、オーナー様はカウンター周りの導線が狭いことから壁付けキッチンへのリフォームを考えられたのだそうです。


今回は大規模なリフォームになるので、イメージパースを作成しております。


BEFORE → AFTER

カウンター部分の壁を一部残して、キッチンの向きをテラス側に変えていきます🍳


キッチン側からのイメージ

BEFORE → AFTER


リビング側からのイメージ

BEFORE → AFTER


使いがっての良さを追求したキッチンリフォーム🍳

始まりますよ!



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら

https://www.naiso-tanaka.com/


過去ブログ、施工実績はこちら

https://www.naiso-tanaka.com/tanaka


Instagramはこちら

Instagram


Twitterはこちら

@naiso_tanaka

関連記事

すべて表示

096-200-5068