top of page

狭小の和式トイレを洋式にリフォームできますか?

更新日:6月11日

熊本も梅雨本番となり、じめじめと湿気の多い日が続いております☔


家の中で特に湿気の多さを体感するのがトイレです🚽

トイレットペーパーがなんだか湿っていたり、トイレのタイルが滑りやすかったり…


今回はタイル張りのトイレをリフォームしていきますよ☺


今回は北区の店舗様のトイレをリフォームしていきます!

長年常連のお客様はご高齢の方も多く、和式のトイレは足腰に負担が掛かります。


また、タイル張りで段差のある個室は転倒の危険もあります。


しかしながらこちらのトイレ、洋式にするには幅730㎜×奥行990㎜とせまいのです💦

洋式にされるには幅80cm×奥行き120cmはほしいところなのですが… では!この問題を解決していきますよ!

まずはトイレを解体していきます。

トイレ前の通路部分は階段上になっているので、段差部分も解体していきます。

柱は抜けないので残しました。


通路い部分に2段あった段差を解消し、トイレと高さを合わせてフラットにしました。

奥の階段は奥行を半分残して、一段増やしました。


個室スペースが広くなり、洋式のトイレが収まりました🚽

床がフラットになり手すりも付いて常連のお客様たちにもご好評との事です☺


靴のまま入れる仕様にしていたのです、常連さんから「キレイで勿体ないからスリッパを置いて!」とのご要望があり、スリッパを置くことにしたそうです♪


店舗とご自宅をつなぐ通路のあった部分までトイレを広げ、洋式トイレでも十分収まるスペースを確保しました。ご自宅へつながる扉は鍵の掛かる扉へと交換しました🚪



『うちのトイレ、洋式にするには狭いかも…』と諦めてはいませんか?

バリアフリーへのリフォーム等も是非一度ご相談ください。



㈱総合内装業TANAKAは快適空間をお届け!


弊社ホームページはこちら


過去ブログ、施工実績はこちら


Instagramはこちら


Twitterはこちら

関連記事

すべて表示

Yorumlar


096-200-5068

bottom of page